コストや加工方法のご相談などお気軽にどうぞ03-5959-6701 平日9:00~17:00

MENU

推奨する主な無電解めっき

要求特性に対しての “推奨する主な無電解めっき”

無電解めっき要求特性特性の概要推奨する主な無電解めっき
防錆・耐食性 湿気、硫化雰囲気、酸化雰囲気、塩分などに対する防錆、防食、耐食の性質。

カニゼンめっき

カニフロンめっき

セラミックカニゼンめっき

カニボロンめっき

耐摩耗性 摩耗しにくい特性のことで、高硬度による耐摩耗性、低摩擦係数による耐摩耗性などがある。

カニボロンめっき

セラミックカニゼンめっき

カニフロンめっき

カニボロンめっき

潤滑性 すべりやすさのこと。低摩擦係数によるもの、保油性によるもの、なじみ性によるものなどがある。

カニフロンめっき

カニボロンめっき

セラミックカニゼンめっき

寸法精度 精密機械部品や電子部品に必ず要求される特性。厚さ 10μm±1μmとか、±10%とかの表示がなされる。平面度で表示される部品もある。 全ての無電解めっき
肉盛り性 寸法補整を目的とし、さらに耐摩耗性、耐食性、切削加工性などが同時に要求されることが多い。 カニゼンめっき
型離れ性 金型に要求される特性。非粘着性とも深い関連性がある。

カニフロンめっき

カニボロンめっき

低摩擦性 すべり性とも称し、耐摩耗性や潤滑性と密接な関係にある。

カニボロンめっき

カニフロンめっき

セラミックカニゼンめっき

二次加工性 めっき後の加工のしやすさのこと。

カニボロンめっき

カニゼンめっき

電気伝導性 電気の伝わりやすさのこと。 全ての無電解めっき
磁性 磁気記録媒体・磁石・磁芯などに要求される特性。静特性(保磁力、角形比)と動特性(メモリー特性)を総称するが、使用目的によって特性が異なる。

カニゼンめっき

カニフロンめっき

低接触抵抗性 電気接触部での電気抵抗の小さい特性。同時に高硬度、耐摩耗性を含めてスイッチ特性と称することもある。とくにロータリースイッチやコネクタなどの摺動接点では耐摩耗性が重要。

カニボロンめっき

カニゼンめっき

セラミックカニゼンめっき

カニフロンめっき

抵抗特性 電気抵抗体として必要な特性。特殊な無電解ニッケルめっきは、膜厚によって抵抗値を設定できる。

カニゼンめっき

カニボロンめっき

反射防止性 防眩性とも称される。光の反射、まぶしさを防ぐ特性のこと。黒色化や梨地化が多く用いられる。

カニブラックめっき

黒カニゼンめっき

耐候性

紫外線劣化をひき起こしやすいプラスチックやゴム、塗膜などを、紫外線から保護する特性。

※プラスティックや塗料等の高分子材料が、屋外で使用された場合に、変形、変色、劣化等の変質を起こしにくい性質の事である。 

カニブラックめっき

黒カニゼンめっき

耐熱性 高温下で皮膜物性(硬度、耐摩耗性、耐食性など)が低下し難い特性。

カニボロンめっき

カニゼンめっき

セラミックカニゼンめっき

耐薬品性 化学薬品や有機酸などに対する耐食性のこと。

カニゼンめっき

カニフロンめっき

セラミックカニゼンめっき

カニボロンめっき

ハンダ付け性 ハンダ付けのしやすい特性で、ハンダぬれ性と称されることもある。電気、電子、機械など広範囲な分野で要求される大切な特性である。

カニボロンめっき

カニゼンめっき

ボンディング性 半導体部品の製造工程で要求される特性。金線やアルミ線と、熱圧着や超音波圧着で接合しやすい特性のこと。溶接着性なども似たような特性といえる。

カニボロンめっき

カニゼンめっき

非粘着性 型離れ性と同義で使われることも多い。すべり性や低摩擦係数と密接に関連する。

カニフロンめっき

カニボロンめっき

 

引用・参考文献:㈳表面技術協会監修・全国鍍金工業組合連合会『電気めっきガイド'06

 

 

無電解ニッケルめっき加工で得られる特性・効果トップに戻る

無電解ニッケルめっき加工で得られる特性・効果

目的に応じて最適な
めっき加工のご提案が可能です

カニゼンの加工ラインナップ

よくあるご質問

QCD向上に役立つ無電解ニッケルめっき

無料相談・お問い合わせ

コストや加工方法など
無電解ニッケルめっき加工に関する
ご相談はお気軽にどうぞ

無料相談・お問い合わせ

03-5959-6701 平日9:30~18:00

 

無料相談・お問い合わせ

お問い合わせはこちら

pagetop