コストや加工方法のご相談などお気軽にどうぞ03-5959-6701 平日9:00~17:00

MENU

カニボロン

優れた耐摩耗性と低摩擦を有する高機能めっき

アルミニウム素材との相性が良く、摺動性に優れています。

カニボロンは、当社の独自の技術により開発した、低リン・低ボロンの高性能めっきです。

無電解Ni-P、Ni-Bの両特性を有し、従来以上の硬さを持っています。

特に過酷な条件化での耐摩耗性に優れており、精密部品・自動車部品には最適です。

カニボロンの特徴

  • 1皮膜組成

    ニッケル 97wt%以上、リン 1~3wt%、ホウ素 1wt%以下

  • 2耐摩耗性

    無電解Ni-P(カニゼンめっき)の3倍以上と優れた特性を持っています。

    *当社試験(ドライ環境下での摩耗試験)結果より
  • 3高硬度

    めっきしたままでもHV700、熱処理によりHV1000前後になります。

  • 4耐熱性

    無電解Ni-Pよりも耐熱性に優れており、高温に於ける使用にも十分適応できます。

  • 5耐衝撃性

    皮膜は、強い靭性を持っており、硬度が高くても割れや脆さがでません。

  • 6光沢性

    無電解Ni-Pとは異なり、明るい光沢を有しています。

  • 7ボンディング性

    耐熱性に優れ、強固な酸化膜を形成しない為、電子部品へのボンディング性や溶接性がよいです。

カニボロン皮膜の硬さ

めっき被膜摩耗量(μm)

相手材摩耗量(μm)

カニボロンの摺動特性

 

[ 試験条件 ]

試験条件

ならし 荷重(kgf) 1
速度(cpm) 100
時間(min) 5
Oil(cc/hr) 1.8
テスト 荷重(kgf) 3
速度(cpm) 600
時間(min) 60
Oil(cc/hr) 1.8

適用例

  • 変則クラッチ
  • アイロンプレート
  • オートマチック変速装置
  • エンジン部品
  • カムシャフト
  • フラップ
  • バルブ
  • Tダイス
  • フランジ
  • 樹脂金型
  • 球面ベアリング
  • コンプレッサー部品
  • スライド
  • エンジンシリンダー
  • 排気筒
  • ピストン
  • ピストンロッド

加工ラインナップ

よくあるご質問

QCD向上に役立つ無電解ニッケルめっき

無料相談・お問い合わせ

コストや加工方法など
無電解ニッケルめっき加工に関する
ご相談はお気軽にどうぞ

無料相談・お問い合わせ

03-5959-6701 平日9:30~18:00

 

無料相談・お問い合わせ

お問い合わせはこちら

pagetop