コストや加工方法のご相談などお気軽にどうぞ03-5959-6701 平日9:00~17:00

MENU

よくあるご質問

カニゼンめっきの融点を教えて下さい

カニゼンめっきの融点は890℃になります。その他カニゼンめっきの詳しい情報をお求めでしたら【無電解ニッケルめっきとは?】をご参照下さい。

アルミのA1100材の無電解ニッケルめっきは可能でしょうか?
弊社ではアルミ全般対応可能で御座います。
カニゼンめっきは、なぜ300℃の熱処理を行うと皮膜硬度が上がるのですか?

群馬工場のカニゼンめっきの皮膜成分は、P(リン)が8~12%で残りがNi(ニッケル)です。めっき直後アモルファス(非晶質)ですが、300℃の熱処理を実施することで結晶化します。結晶化するときの内部歪により硬度が500HV(未熱処理)から750HV以上(熱処理後)になります。

RoHS規制に対応しためっきは可能でしょうか?

群馬工場で処理対応しております処理は全てRoHS対応しております。

可能なめっき種類は【加工ラインナップ】をご参照ください。

ISO9001とISO14001を取得している無電解めっき業者を探しておりますが、対応可能でしょうか?

弊社ではISO9001とISO14001を取得しておりますので問題なく対応可能です。

金型へ離型性のある処理を検討しております。無電解めっきの中で離型性改善が可能な皮膜はあるでしょうか?
カニフロンは金型離型性向上に多数の実績があります。よろしければカニフロンサンプルをこちらのフォームより請求頂き、実際の皮膜をご確認下さい。
アルミ材の表面硬度を上げたいが、おすすめはどのめっきになりますか?
カニボロンをおすすめさせていただきます。通常、無電解めっきは300℃程度の熱処理をかけると硬度が上がりますが、アルミ材では300℃かけてしまうと変形や歪みの懸念がでてくる物もあると思います。それに対して、カニボロンは熱処理200℃でも硬度が上がるめっきであり200℃熱処理でHv750以上を見込めますので、300℃かけられないアルミ材に対しても高硬度を達成できるめっきになります。ただ、T6処理などをしたアルミ材などは戻し温度が低い場合があり、200℃熱処理でも変形等の可能性がある場合がございますので、ご依頼時に情報をいただければと思います。
無電解ニッケルめっきの耐摩耗性を向上させたいです
無電解ニッケルめっきの耐摩耗性は硬さ増加のための熱処理、もしくは硬質粒子を含有させた複合めっきセラミックカニゼンで更に向上します。そして、凝着摩耗については、PTFEを共析し接触面間の凝着を少なくした複合めっきカニフロンにより、向上することができます。

 

無電解めっきの電気抵抗値について教えて下さい
無電解ニッケルめっき皮膜の電気抵抗値は、無電解Ni-B、純ニッケルよりも大きく、リン含有率が高いほど大きくなります。また、膜厚が厚くなるにしたがって抵抗値は下がりますが、めっき皮膜のリン含有率、ホウ素含有率によって、膜厚と抵抗値の関係は異なります。
無電解めっきのはんだ特性について教えて下さい
はんだ特性は、表面の汚れ、使用フラックスなどによっても大きく変化しますが、無電解ニッケルめっき皮膜は不働態化速度が速いため、経時変化によって劣化しやすいです。無電解ニッケルめっき皮膜に対し、無電解Ni-B皮膜は皮膜の不働態化速度が遅く、長期保存のはんだ付け性の低下が少ないです。
無電解めっきの磁気特性について教えて下さい
リン含有率が8%以上のものは非晶質にため、析出時には非磁性であるが熱処理によって結晶化し、強磁性となります。リン含有率によって熱処理温度に対する非磁性安定性が異なり、リン含有率の高い皮膜ほど磁化しにくくなる傾向があります。
自動車工業分野における応用例を教えて下さい
ディスクブレーキ,ピストン,シリンダ,ベアリング,精密歯車,回転軸,カム各種弁,エンジン内部部品などに応用例があります。
電子工業分野における応用例を教えて下さい
接点、シャフト、パッケージ、ボルト、ナット、マグネット、ばね、ステム、抵抗体部品などに応用例があります。
精密機器分野における応用例を教えて下さい
カメラ部品、時計部品、複写機部品、光学機械部品、電気部品などに応用例があります。
航空・船舶分野における応用例を教えて下さい
水圧計機器、弁配管、エンジン、スクリュー部品などに応用例があります。
化学工業分野における応用例を教えて下さい
反応槽、輸送管、搖動弁、バルブ類、ポンプ、パイプ内部、熱交換器などに応用例があります。
部品にめっきをしたいのですが、推奨膜厚はありますか
膜厚に関しては、お客様ご指定の膜厚になります。膜厚に指定のないお客様についてはお問い合わせをお願いします。
部品にめっきを検討しているのですが、処理可能サイズを教えて下さい
弊社の処理可能サイズはリンク先を参照下さい。
図面がないのですが、見積もりは可能でしょうか。
製品サイズ、材質、数量などが、わかればお見積り可能です。

  黒皮(ミルスケール)が付着したままで無電解ニッケルめっきは可能ですか?

 

 めっき加工させて頂いております製品に焼入れ材を使用されている物はあります。そのまま無電解ニッケルめっきが可能な物は多いのですがSS400など、高温で圧延した後に出来る黒皮(ミルスケール)が付着している素材を使用している製品のめっき依頼も御座います。強固な黒皮付着、また浸炭処理や窒化処理を行なっているなどの場合は無電解ニッケルめっきの前処理では除去しきれず、密着不良やめっき未着が発生する事が御座います。その場合、めっき前にブラストなどで強固な黒皮や浸炭層・窒化層を除去してからめっき処理を行う事が必要となります。素材に黒皮付着や特殊な熱処理を行っている場合はご注文頂ける前に弊社担当営業また新規のお客様はお電話やHPよりお問い合わせして頂き、ご相談下さい。無料相談・お問い合わせ

他社で無電解ニッケルめっき施工した製品を剥離する事は出来ますか。

 

基本的には剥離は可能なのですが他社でめっき施工された時の条件によっては剥離が出来ない場合が御座います。まずは他社でのめっき施工条件をご確認下さい。まためっきを剥離すると素材表面が粗れる為、そのまま再めっきを行なってもご希望の面粗さに仕上がらない可能性も御座います。めっき剥離、剥離再めっきご希望のお客様はサテライトサイトHPの無料相談、若しくは担当営業までお問い合わせ下さい。無料相談・お問い合わせ

よくあるご質問

よくあるご質問

QCD向上に役立つ無電解ニッケルめっき

無料相談・お問い合わせ

コストや加工方法など
無電解ニッケルめっき加工に関する
ご相談はお気軽にどうぞ

無料相談・お問い合わせ

03-5959-6701 平日9:30~18:00

 

無料相談・お問い合わせ

お問い合わせはこちら

pagetop