コストや加工方法のご相談などお気軽にどうぞ03-5959-6701 平日9:00~17:00

MENU

課題解決事例

【※新規追加】アルミ部品の耐磨耗向上

 

加工メーカー

 

株式会社M社様

 

元々、別のめっきを施工していたが、処理を行っていた業者がその処理を止めるという事情もあって、代替処理を探している。                寸法精度が厳しいという事もあり、電気めっきは難しいと考えている。通常の無電解ニッケルめっきも試したが、摺動試験で皮膜が消失してしまった。素材はアルミで、摺動相手材に対する耐摩耗性を求めている。

【※新規追加】滑り特性と消音特性の付与

 

加工メーカー

 

株式会社L社様

 

プラスチック製品を搬送する装置で製品が搬送レールでの滑りが悪くて困っている。滑りが良くなる皮膜があれば教えて欲しい。また、製品が高速で搬送される為、出来れば消音効果も欲しい。

【※新規追加】ボルトに対してのカジリ防止

 

加工メーカー

 

株式会社K社様

 

半導体製造装置に使用されるボルトに対して電気Niめっきを処理行い、使用していたのだが、カジってしまいロックしてしまった。

カジリ防止と締め付け、取り外しのし易い表面処理を探している。

【※新規追加】塩素ガス雰囲気での耐食性向上

 

加工メーカー

 

株式会社J社様

 

樹脂原材料となるペレットを製造するラインの中で原料を混練させる装置があり、この装置にクロムめっきが施工されており、原料の中に少量含まれる触媒残渣によって塩素ガスが発生する事でクロムめっきの溶解が進み、素材が露出してしまい腐食が起こってしまう。素材腐食を抑えたいとのお問い合わせを頂きましたのでカニゼンめっきをご提案させて頂きました。

【※新規追加】アルミ摺動部品焼き付き防止

 

加工メーカー

 

株式会社I社様

 

アルミ材の摺動部品で面圧が高く、摺動回数も多い。素材のままで使用するとカジリ付いてしまう問題を表面処理で解決したい。寸法精度も求められている為、、対策として無電解ニッケルめっき10μmを行ったが、めっき皮膜にカジリが発生してNG判定となってしまった。焼き付き防止対策に適した無電解めっき皮膜を捜している。

【※新規追加】メンテナンス性向上樹脂防止付着

加工メーカー

 

株式会社H社様

 

押出成形の金型に目ヤニのような樹脂が付着してしまう。それを除去しないと成形品に付着する為、定期的なメンテナンスの必要がある。成形品製造過程でメンテナンス頻度が多くて困っており、樹脂が付着し難くなる表面処理を探している。

【特性・効果】摺動部での耐磨耗性向上

 

装置メーカー

 

株式会社G社様

 

鉄製部品の摺動部分が摩耗されてしまうので表面処理で改善したい。全体的に硬くする必要はなく、摺動面だけ耐摩耗性が向上すれば良い。

【特性・効果】紫外線乱反射防止対策

装置メーカー


株式会社F社様


半導体製造装置に使用されるアルミ部品に対して、表面処理で紫外線の乱反射を防止したい。黒色の皮膜を評価してるが、なにか良さそうな表面処理があれば教えて欲しい。摺動はしない部品なので硬度などは問わない。

【特性・効果】腐食環境下での銅部品の耐食性向上


加工メーカー

 

株式会社E社様

 

腐食環境で使用される銅部品の耐食性を向上させたい。また、めっきの均一性も要求事項である。

【特性・効果】静電気防止と耐食性向上

 

加工メーカー

 

株式会社D社様

 

耐食性向上目的で塗装をしているSPCC材の製品があるが、静電気が発生してしまうことが問題になっている。また、長さが1mを超える箱形状であり、サイズが大きいので処理できる表面処理も限られている。耐食性が付加され、なおかつ静電気対策に効果がある処理を探している。

金属線との擦動部分が摩耗されてしまい短寿命な部品があるが、最終ユーザー様から耐久性が約2倍求められる特別仕様品の依頼があった。通常は手動ラインに組み込まれる部品だが、この特別仕様品は自動ラインに組み込まれるので寿命を延ばしてメンテナンス頻度を下げたい。アルミ材で製作しているが、母材材質は変えられないので表面処理での解決を検討している。ただ、アルミ材であることと、更に表面処理をしたいのはΦ3×15mm貫通穴の内部なので、良さそうな表面処理がなかなか見つからない。

 

 

【特性・効果】金型の長寿命化

金型メーカー

株式会社B社様

 

樹脂成形金型を300℃程度の高温環境下で使っているが、樹脂の流れにより金型自体が摩耗してしまう。また腐食防止の為にSUS420J2材を使っている事もあり、金型自体が非常に高額である。金型を少しでも長く使いたい。

【特性・効果】真空環境下に置ける耐食性とコンタミ付着防止

 

産業機械メーカー

株式会社A社様

 

真空環境下でハロゲン系のガスが発生する為に製品が腐食されて困っている。また、製品に異物が付着する事で摺動部分にカジリが生じる可能性も無視できないので異物が付きにくい、又は異物が付いてもカジらない表面処理が無いか探している。

HOMEに戻る

課題解決事例

よくあるご質問

QCD向上に役立つ無電解ニッケルめっき

無料相談・お問い合わせ

コストや加工方法など
無電解ニッケルめっき加工に関する
ご相談はお気軽にどうぞ

無料相談・お問い合わせ

03-5959-6701 平日9:30~18:00

 

無料相談・お問い合わせ

お問い合わせはこちら

pagetop