コストや加工方法のご相談などお気軽にどうぞ03-5959-6701 平日9:00~17:00

MENU

カニフロン

無電解Ni-P/PTFE
複合めっき

無電解ニッケルめっき液中に均一にPTFE微粒子を分散させ、めっき皮膜析出時にPTFE粒子を共析させた複合めっき皮膜です。PFOS、PFOAフリータイプです。

カニフロンの特徴

  • 1自己潤滑性

    めっき皮膜中テフロン粒子を含有するためカジリ・焼付き防止に対して大きな効果を発揮します。

  • 2低摩擦

    皮膜表面ばかりでなく、膜厚方向にも潤滑性のあるテフロン粒子を均一に分散しています。

  • 3耐摩耗性・耐損傷性

    カニフロンは樹脂やテフロンコーティングに比較して傷がつき難く、はがれたりしません。

  • 4耐食性

    ピンホールがなく、つきまわりが均一です。

  • 5密着性

    テフロンの微粒子一個一個をマトリックスが固く保持しています。また、そのマトリックスが金属であるため、素地とカニフロンの密着性は強固です。

  • 6膜厚均一性・高寸法精度

    母材の形状にかかわらず穴の中・パイプ・エッヂなどでも、膜厚は均一です。また任意の厚さに、正確にコントロールできます。

  • 7電導性・静電気防止効果

    マトリックスが金属(Ni-P)であるため、静電気やホコリを嫌う半導体部品、精密機器へ使用できます。

  • 8熱伝導性

    テフロンコーティングに比べ、優れています。

  • 9消音効果

    カニフロン同士の摺動や他の金属との接触などにおいて、テフロンによる緩衝効果と潤滑性による消音効果があります。

  • 10撥水・撥油性

    接触角はテフロンコーティングとほぼ同様です。

選択可能なPTFE含有率

  • 含有率が高いものから、S・A・Bの3タイプがあります。
  • 含有率の選択によって、潤滑性と皮膜硬度のバランスを決定します。

 

シリーズSタイプAタイプBタイプ
皮膜中のPTEE含有率(Vol%) 30~35 20~25 3~7
摩擦係数μ
(HEIDON-14Dにより200g荷重、φ10mm・アルミナボール)
0.07~0.08 0.08~0.10 0.10~0.12
皮膜硬度:析出時(Hv) 200~250 250~350 400~550
皮膜硬度:300℃熱処理(Hv) 300~400 400~600 750~900
SEM

適用例

自動車関連(摺動性・耐摩耗性・消音効果)

  • ピストン
  • カムプレート
  • コントロールパルプ
  • ベーン
  • プランジャー
  • リングギャ
  • センサースライドリフター
  • ギヤシャフト
  • スチールボール
  • ブッシュ
  • サポートなど

機械部品(摺動性)

  • ピストンプッシュ
  • 板バネ
  • ヒートブロック
  • ガイド軸
  • ガイド板
  • ガイドローラー
  • リードスクリュー
  • ベンホルダー
  • 空圧弁など

印刷関係(非粘着性・摺動性・耐摩耗性)

  • ブレード
  • 定着ロール
  • ローレットロール
  • ターンバーなど

樹脂関係(撥水性・非粘着性)

  • 各種金型(シリコンゴム・フッ素ゴム・ポリエチレンなど)
  • ダイス
  • ホッパー
  • スクリュー
  • ブレーカープレート
  • 押しピン
  • ロールなど

加工ラインナップ

よくあるご質問

QCD向上に役立つ無電解ニッケルめっき

無料相談・お問い合わせ

コストや加工方法など
無電解ニッケルめっき加工に関する
ご相談はお気軽にどうぞ

無料相談・お問い合わせ

03-5959-6701 平日9:30~18:00

 

無料相談・お問い合わせ

お問い合わせはこちら

pagetop