コストや加工方法のご相談などお気軽にどうぞ03-5959-6701 平日9:00~17:00

MENU

撥水性

フライパンへのコーティングで多く知られるように、水や油を弾く機能を持たせる表面処理が存在します。水を弾く性質を撥水性と言い、水滴の接触角により評価されます。工業部品においても撥水性は、 固体と液体との接触領域を減らし相互作用を低減する為、防滴や防汚などの観点において重視される性能の一つです。

 

無電解ニッケルめっきによる撥水性の付加は、撥水性の高いテフロンを共析させたPTFEコンポジットめっきによる方法が行なわれています。カニフロンめっきはその一つですが、無電解ニッケルめっきの硬さとPTFEの撥水性を両立させており、摩耗などにより性能の持続性が損なわれるといった撥水性表面処理の課題に対する解決手段となります。

1. 試験方法

めっき皮膜:カニゼン、カニフロンB, A, S

めっき後の熱処理:300℃

測定装置:協和界面科学DM-501

手法:液滴法

液種:純水

液量:1μL

経過時間:10秒

 

2. 試験結果

表1. 接触角の測定値

 

めっき種類接触角
カニゼン 56
カニフロンB 103
カニフロンA 115
カニフロンS 117

 

  • カニゼン

  • カニフロンB

  • カニフロンA

  • カニフロンS

図2. 各種めっき膜上の液滴写真

 

※グラフのデータは日本カニゼン群馬工場での実験値であり保証値ではありません

無電解ニッケルめっき加工で得られる特性・効果

目的に応じて最適な
めっき加工のご提案が可能です

カニゼンの加工ラインナップ

よくあるご質問

QCD向上に役立つ無電解ニッケルめっき

無料相談・お問い合わせ

コストや加工方法など
無電解ニッケルめっき加工に関する
ご相談はお気軽にどうぞ

無料相談・お問い合わせ

03-5959-6701 平日9:30~18:00

 

無料相談・お問い合わせ

お問い合わせはこちら

pagetop