コストや加工方法のご相談などお気軽にどうぞ03-5959-6701 平日9:00~17:00

MENU

【特性・効果】真空環境下での耐食性とコンタミ付着防止

産業機械メーカー

株式会社A社様の課題

真空環境下でハロゲン系のガスが発生する為に製品が腐食されて困っている。また、製品に異物が付着する事で摺動部分にカジリが生じる可能性も無視できないので異物が付きにくい、又は異物が付いてもカジらない表面処理が無いか探している。

課題解決

塩化水素(HCl)やフッ化水素(HF)など、ハロゲン系ガス環境下での耐食性(腐食防止)目的では、無電解ニッケルめっきは非常に有効で多くの実績があります。

 

・詳しくは無電解ニッケルめっきの耐食性

次に、異物付着防止が可能な表面処理のご要望を頂きましたので、無電解ニッケルめっきにPTFEを共析させたカニフロンめっきをご提案いたしました。

PTFEは非粘着性や撥水性などの特性を有しており、カニフロンめっきを処理する事で異物の付着頻度や程度を大幅に削減出来ました。またPTFEの初期馴染み性やすべり性を活かした摺動部分のカジリ防止にも非常に効果がありました。

 

A社様の製品は非常に寸法精度が厳しい製品でしたので、従来表面処理後に仕上げ加工を行っていたのですが、無電解ニッケルめっきの高寸法精度性を活かし表面処理後の仕上げ加工を無くす事が出来ました。

※無電解ニッケルめっきは真空環境下におけるアウトガス発生対策にも有効です。

課題解決事例

よくあるご質問

QCD向上に役立つ無電解ニッケルめっき

無料相談・お問い合わせ

コストや加工方法など
無電解ニッケルめっき加工に関する
ご相談はお気軽にどうぞ

無料相談・お問い合わせ

03-5959-6701 平日9:30~18:00

 

無料相談・お問い合わせ

お問い合わせはこちら

pagetop