コストや加工方法のご相談などお気軽にどうぞ03-5959-6701 平日9:00~17:00

MENU

【※新規追加】摺動部での耐摩耗性向上

装置メーカー

株式会社G社様の課題

鉄製部品の摺動部分が摩耗されてしまうので表面処理で改善したい。全体的に硬くする必要はなく、摺動面だけ耐摩耗性が向上すれば良い。

 

課題解決

耐摩耗性に有効な表面処理ということでセラミックカニゼンを提案させて頂きました。セラミックカニゼンはSiC(炭化珪素)複合の皮膜ですが、めっき後熱処理300℃をかけることで、複合硬度として900HV以上になる為、弊社無電解Niめっきの中でも耐磨耗性に優れています。また、SiC(炭化珪素)は、沈降する粒子の為、めっき処理時に上を向いた面にはSiCが入りやすいのですが、側面や下を向いている面には入り難いという特徴があります。

 

・詳しくは加工ラインナップ【セラミックカニゼンめっき】

 

今回の製品は、摺動面の耐摩耗性向上のご要求でしたので、摺動面を上に向けて処理する事に致しました。製品については、摺動部の耐摩耗性テストをクリアし、採用頂ける事になりました。

 

課題解決事例

よくあるご質問

QCD向上に役立つ無電解ニッケルめっき

無料相談・お問い合わせ

コストや加工方法など
無電解ニッケルめっき加工に関する
ご相談はお気軽にどうぞ

無料相談・お問い合わせ

03-5959-6701 平日9:30~18:00

 

無料相談・お問い合わせ

お問い合わせはこちら

pagetop