コストや加工方法のご相談などお気軽にどうぞ03-5959-6701 平日9:00~17:00

MENU

【※新規追加】アルミ部品の耐摩耗性向上

【※新規追加】アルミ部品の耐摩耗性向上

加工メーカー

株式会社M社様の課題

元々、別のめっきを施工していたが、処理を行っていた業者がその処理を止めるという事情もあって、代替処理を探している。                 寸法精度が厳しいという事もあり、電気めっきは難しいと考えている。通常の無電解ニッケルめっきも試したが、摺動試験で皮膜が消失してしまった。素材はアルミで、摺動相手材に対する耐摩耗性を求めている。

課題解決

今回の案件はスガ摩耗試験機の結果より、弊社皮膜の中ではカニボロンの結果が良好であった為、カニボロンを提案させて頂きました。         
→詳しくは無電解ニッケルめっきの耐摩耗性                                                                         カニボロンはめっき後に熱処理200℃をかけることでHv750以上の硬度になる為、母材がアルミ材でも高硬度を得る事が可能です。 通常の無電解ニッケルめっき(Hv500~600程度)で耐久が得られなかったとの事でしたが、カニボロンでご評価頂いた所、評価良好との事で採用に至りました。
→主な無電解ニッケルめっきラインナップ【カニボロン】

課題解決事例

よくあるご質問

QCD向上に役立つ無電解ニッケルめっき

無料相談・お問い合わせ

コストや加工方法など
無電解ニッケルめっき加工に関する
ご相談はお気軽にどうぞ

無料相談・お問い合わせ

03-5959-6701 平日9:30~18:00

 

無料相談・お問い合わせ

お問い合わせはこちら

pagetop